懸賞のメリット・デメリット 懸賞に当たる「豆知識」

懸賞天国

懸賞のメリット・デメリット 懸賞に当たる「豆知識」

  • 最終更新:2017年12月22日 15:23  カテゴリー | 懸賞のコツ

    懸賞サイトを使うメリット・デメリット

    メリット

    懸賞情報の網羅性

    懸賞情報をまとめてチェックできるので便利。雑誌、フリーペーパー等もあるが、情報数が全然違う。

    デメリット

    当選確率の低下

    懸賞サイトに掲載されている情報は閲覧人数が多いので応募数が増えてしまいやすい。そのため、当選確率が低くなる可能性がある。


    懸賞のメリット・デメリット

    ネット懸賞の企業のメリット・デメリット

    メリット

    懸賞応募者のデータ管理ができる

    応募ハガキから集計する場合はデータ化する際にPCでの入力作業が発生するが、懸賞サイトを使ったネット懸賞で応募を募る場合は、すでにデータ化された情報の編集になるので楽。当選者を選ぶ際もプログラムを組んでランダム抽選にするので公正性を保ちやすい。

    デメリット

    PC、スマホから応募できないユーザーが不便になる

    PC、スマホから簡単に懸賞応募をする人は多いが、だれもがそのようなデバイスを使えるわけではない。年配の方の中にはまだまだ使わない人も多い。また、PCの場合だとタイピングに時間がかかるのでハガキ応募よりも時間がかかるという方もいる。


    懸賞にハガキ応募するメリット・デメリット

    メリット

    主催者の印象に残りやすい

    今はネット懸賞での応募が多数だけに、ハガキ応募もできる懸賞の場合は主催者の目にとまることがある。もちろん、大手企業の懸賞はシステム化されているのでその余地はあまりないが、従業員の方が手作業で当選者を選んでいる可能性が高い中小企業の懸賞は当選確率が上がる可能性もある。

    デメリット

    応募する際に時間がかかる

    やはり、ハガキで応募する際は手で書き込むためにネット応募の5倍以上は時間がかかる。デコハガキで応募する方はかなりの時間差になる。


    懸賞のメリット・デメリットまとめ

    自分の懸賞の取り組み方を見直すことが重要。家事の間、仕事の移動時間に効率よく応募したい、という方は「効率重視の懸賞生活」、自分の趣味として一定の時間を設けて、ハガキにコメントを入れたり、装飾を楽しむという方は「じっくりと楽しむ懸賞生活」がおすすめ!どちらのタイプかを自覚しながら、自分にあったメリットを意識して懸賞を楽しんでくださいね。

「豆知識」トップへ