シャツの黄ばみの落とし方 懸賞に当たる「豆知識」

懸賞天国

シャツの黄ばみの落とし方 懸賞に当たる「豆知識」

  • 最終更新:2016年06月17日 23:28  カテゴリー | 生活の知恵
    何度かシャツを着ていると、いつの間にか襟や脇、袖口などが黄色くなってしまっていることありますよね。一度ついてしまった黄ばみは、普通に洗濯していてもなかなか落ちません。

    そこで今回は、シャツの黄ばみを上手に落とす方法を紹介していきましょう。


    シャツの黄ばみの原因


    そもそもシャツに黄ばみができてしまう主な原因は、人が汗をかいたりすることによる皮脂汚れです。

    普通に洗濯洗剤で洗濯した場合でも、黄ばみになる前の皮脂汚れは落とすことができます。しかし、襟や脇、袖口などは皮膚と生地がこすれやすい場所のため、皮脂が繊維の奥まで入り込んでしまうのです。そうなると、洗濯後にも皮脂が残ってしまい、その皮脂が酸化することで、黄ばみに変化していくのです。

    台所用洗剤を使った落とし方


    シャツの黄ばみを落とすための方法としては、油に強い台所用洗剤を使うのが簡単。

    手順は次の通りです。

    ・黄ばみのある場所を水で軽く濡らす
    あらかじめ水で濡らしておくことで、洗剤とのなじみをよくします。

    ・台所用洗剤を、黄ばみのある場所に直接塗布する
    カラーシャツや柄シャツなどは色落ちする可能性もあるため、大量にかけすぎないように注意が必要です。

    ・古い歯ブラシなどを使って、汚れを落とす
    柔らかめの歯ブラシを使って、優しくこするのがポイントです。あまり強くこすると生地を傷めてしまうので、注意しましょう。

    ・40から50度のお湯に漂白剤を入れて30分ほどつける

    ・通常どおり洗濯機で洗濯する

    この方法で、ほとんどの場合、シャツの黄ばみはきれいに落とすことができます。

    重曹を使った落とし方


    台所用洗剤でも落とすことができない頑固な黄ばみには、重曹を使うのがおすすめです。重曹は弱アルカリ性の物質で、皮脂汚れなどの酸性の汚れを落とすのに適しています。

    ・重曹を酸素系漂白剤を40度程度のお湯に入れる
    100mlほどのお湯に、それぞれ大さじ1杯程度を入れるのが目安です。

    ・重曹と塩素系漂白剤を溶かした液を黄ばみのある場所に塗布する
    まんべんなく行きわたるようにしっかり塗布しましょう。

    ・アイロンのスチームまたはドライヤーの温風をあてる
    アイロンをかけるのではなく、スチームのみがあたるようにします。

    ・通常どおり洗濯機で洗濯する

    シャツの黄ばみの落とし方まとめ


    暑い季節には汗をかくことも多く、襟などの汚れも目立ちます。黄ばみなどがあると、相手にも悪い印象を与えるので、今回紹介した方法を使って、しっかり清潔感を保ちましょう。

    懸賞に応募しよう!

「豆知識」トップへ